お家でタイ献立!かんたん処方で本場の風味

中華スープの素気のタイ料理。
トムヤムクン、ガパオ食事、グリーンカレーなど。
暑いタイならではのハーブや唐がらしによる健全でダイエットにも
効能が見越し出来そうな点も人気の意味の1つなんでしょうね。
そんな注目のタイ料理、ご家庭では何やら元凶も揃わないので作るのは難しい。
も、作ってみたいという方に百貨店で選べる食べ物で元祖ものの味覚を
実現やれる(?!)ちょっとした見聞をお知らせします。

今回は、人気急上昇のガパオライス。
タイ語では、パッガパオ。取り扱うお肉にて、鶏肉ならパッガパオガイ、
豚肉なら、パッガパオムーとなります。
目玉焼きをトッピングするなら、パッガパオガイ/ムー、カイダーオとなります。

特に、メインのガパオ(スイートバジル)が随分ありませんね。
なので、こちらはシソの葉を使用します。
好ましいアロマオイルでガパオにも負けてませんよ。
体格は、手抜きだ(笑) ずいぶんかんたんなので正邪お企て下さい。

フライパンで、ニンニク(カサカサものでも可能)、生唐がらし又は鷹の爪(おこのみで)炒める。
アロマオイルが出たら、鶏肉或いは豚肉をいれ炒める。(お肉はミンチないしは、小さめに下回る)
インゲン(1センチ規模に下回る)やお好みで人参(小さめのイチョウ切り)、赤ちゃんトウモロコシ(輪切り)を
与え炒める。
中華スープの素を小さじ1規模、オイスターソースを大さじ2間近入れて炒め、水を些かくわえる。
シソの葉を加えてエンド。

あとは、ご飯の上に↑のガパオをかけて、目玉焼きをのせる。
生唐がらしってニンニクスライス、レモン汁をくわえたナンプラーをお好みで引っ掛けるって
正に本場の味覚!
夏に向けて何はなくとも。