何やら引き下がらない欠落少年に理路整然と恋愛禁止の魅力を説く大人陣

「S・Kくんはまだ素晴らしい問をやるね」
 誰もが、N・MはどうしてもS・Kを褒めていらっしゃる訳ではなく、嫌がらせを言っている点に気づいていた。が、S・Kはそれに気付いていないのか。気付いていてわざわざそうしているのかは定かではないが、身じろぎする事無く堂々とやる。
「群衆の中でロマンスが成立すると、それだけで周りのキャラクターが意思を使い始める。そうなると合計が混乱してしまうんだ。最悪の場合しがらみそのものが退治してしまう。実践に例えてみると分かり易いかもしれない。野球やサッカーでおんなじ組のスポーツマン両人が、身の回りが一所懸命演奏やる中で延々と喋って協調を乱しているのを見ていてイライラしないか?そういう事だよ」
 相当高慢ではあるものの、N・Mは熱心に分からせようとしていたが、それでもS・Kは噛みつき続けていた。
「んー、それは些か違くないっすか?そーゆーのは同性でもある点だし」
 S・Kはまったくどっか釈然と止める感じだった。キレイモ 回数制パックプラン

クラウドワークスの務め同意百分率があがってきたぞ。

クラウドワークスの事業容認比が、90百分率にまで上昇した。
これまでは非容認も数多く、86百分率ぐらいだったのだ。
これを、最低でも95百分率にあげたい。
事業は95百分率以上で参加できる案件もあるからです。
とくに高総計の事項に多い。
だからコツコツ努力して、容認比をあげたい。
95百分率の容認比をキープして、美味しい事項などに参加したい。
もう一度瞬間を見落とすのはいやです。

ランサーズの方も、事業の容認比をあげたいのだけれど、てきせつな事項がない。
実に宜しい事項には出会えないものだな。
クラウドワークスのほうが、まずは行く末です。事業を95百分率にしたら、ランサーズの側に移る。
そしてセールスにもいかすのだ。

もっと、効率よく金を稼ぐために、容認比は激しくキープしておきたい。
でも、非容認になることはたまにある。仕方ないのだ。
そこからのリカバリが糸口です。
じぶんのニュースをしばしば見なおして、正確なニュースを入れていこう。
校正をしなくとも、やっていけるように。http://www.fonfix.co/ude-datsumo.html